北海道は硫黄山の麓「川湯温泉」弟子屈町
川湯温泉駅
阿寒摩周国立公園内

北海道は硫黄山の麓「川湯温泉」
阿寒摩周国立公園内
川湯温泉駅
ホーム
強酸性の硫黄泉
地下水と温泉層の逆転現象
川湯温泉はクスリであった!
湯治場だったころの川湯温泉
明治時代の硫黄採掘
公衆浴場「温泉ノート」
川湯温泉駅
地図
弟子屈町、観光協会、宿泊
源泉100%掛け流し天然温泉「川湯温泉」の温泉宿
お宿 欣喜湯(旧川湯ホテルプラザ)
川湯観光ホテル
川湯第一ホテル 忍冬(SUIKAZURA)
名湯の森ホテルきたふくろう
川湯温泉 KKRかわゆ
温泉浪漫の宿 湯の閣池田屋
国民宿舎 ホテル川湯パーク
 昭和5年に国鉄の川湯駅として開業。昭和62年4月以降はJR北海道に継承され、翌年からは名称も川湯温泉駅と改称された。
 駅舎は硫黄山を望む山あいに位置し、昭和11年に改築されたもの。建物の下部はイチイの丸太を組み、上部はカバの木をそのまま装飾に用いた、 どこか懐かしい高原の山小屋を思わせる。
 駅舎の一部には足湯も設置され、泉質は川湯温泉街の硫黄分を多く含むとは違い、ナトリウム炭酸水素塩泉で「美人の湯」として親しまれている。
 また、駅舎内には喫茶店「オーチャードグラス」があり、駅舎と喫茶店が1つになった珍しい駅である。
記:財団法人自然公園財団より転載
(C) Copyright 2000-2018 kawayu.net .All rights reserved.
制作、著作、運営管理 道東川湯温泉