道東川湯温泉 川湯観光ホテル 阿寒摩周国立公園内

道東川湯温泉
阿寒摩周国立公園内
川湯観光ホテル
宿泊日:2012/2/6
宿泊予約、宿泊プラン
ホーム
強酸性の硫黄泉
地下水と温泉層の逆転現象
川湯温泉はクスリであった!
湯治場だったころの川湯温泉
明治時代の硫黄採掘
公衆浴場「温泉ノート」
川湯温泉駅
地図
 
川湯温泉 宿泊施設
国民宿舎ホテル川湯パーク
川湯第一ホテル忍冬
温泉浪漫の宿湯の閣
KKR川湯
お宿欣喜湯
川湯観光ホテル
名湯の森ホテルきたふくろう
御園ホテル
 
川湯観光ホテル 我町北見市から車で1時間半。美幌峠、屈斜路湖、和琴半島経由で川湯温泉「川湯観光ホテル」へ先週の仕事の続きが発生したので 仕事がてら1泊しました。川湯観光ホテル明日はそのまま、斜里・網走へ行きます。
 玄関左に「手湯と足湯」があります。無料ですので浸かってみてはいかがですか?昨年末も川湯温泉「御園ホテル」へ泊まって硫黄山 肩こりや冷え性がすっかり良くなったんですが やはりコンピューターの仕事をしていると 肩がこり出し・・・。川湯温泉には まだまだ多くの温泉宿が有ります。写真右は、源泉の源「硫黄山」です。この活火山は人間様へいい仕事をしています。
 
ロビー
川湯観光ホテル 正面玄関を入るとフロント、ロビー、売店があります。大浴場、露天風呂は男湯は2階、女湯は3階となります。フロント左手に 有線インターネット接続、ロビーは無線インターネット接続ができます。もちろん無料です。川湯観光ホテル
 
部 屋
川湯観光ホテル この部屋は和室506号室。畳6畳、バス、トイレ(シャワートイレ付)、冷暖房も完備しています。
川湯観光ホテル
綺麗でいい部屋です。窓も開きます。
 
『源泉100%掛け流しの温泉』
川湯温泉、強酸性の硫黄泉
川湯観光ホテル 源泉100%掛け流しの湯。川湯温泉は 草津温泉に似た泉質の明ばん泉。酸性が強い為、体には非常に良いとされとされています。この酸性の強さが肌の古い角質を溶かし「すべすべ」の肌にし、殺菌効果を生み出し、保温効果が抜群で免疫力向上も期待できるそうです。川湯観光ホテルとっ?いう事は インフルエンザにかからないのかな?言われてみれば 私現在風邪をひいていません。先月1回、今月2回入浴しています。一般人なので何とも言えませんがね?あっ 但し、温泉が目に入ると非常に痛いので 真湯か真水で洗ってくださいネ。
 やっぱいい~わ!硫黄の臭いすごいけど。やっぱり効くぜ。この温泉に晩に4回、朝2回入浴しました。今回も肩こりが すっきりしました。肩こりの皆さんも是非入浴して見て下さい。川湯観光ホテル個人差はあると思いますが 良くなると思いますヨ。川湯温泉には10件の温泉宿がありますが どのホテルも同じ泉質なのでどこへ泊まってもOKです。
 風呂の写真は、お客さんが少ない朝に撮りました。露天風呂、上手く撮れたけど 内湯曇っちゃってる~。ちなみに写真は男湯です。女風呂まずいでしょう!

 左は、脱衣所に張ってあった温度案内です。
・露天風呂(中温):40度~41度
・内湯(高温):42度~43度
・内湯(低温):37度~38度
その他に真湯、水風呂、サウナがあります。

 
夕 食
川湯観光ホテル  食事は1階、個室でした。「一人旅プラン」での予約です。料理は「セットメニュー2品+地産地消ブッフェ」。ハーフバイキングとも言うのでしょうか?セットメニュー2品で 道東の食材を毎日手作りで10数品あり 好きなだけ選んで食べることができました。地産地消にこだわったメニューは初めて食べたかも知れません。何といってもこのコロッケ。川湯観光ホテル実は我町、北見産玉ネギを使っています。芋は小清水かな?ちょっと嬉しかったです。後は、山菜、サラダ、煮魚、噴火鍋(牛乳の味噌仕立て)等々。後は思い出せましぇ~ん。なんせビールたらふく飲んでいたので・・・。とにかく味付けは文句なし!
日々・季節によって 夕食のメニューが変わります。この点はお間違えのないように!
 
朝 食
 朝食は和洋バイキングでしたので 撮りませんでした。 今回も食う前に、露天風呂行って来ました。さあて飯も食ったし、仕事(斜里、網走)へ行く前に もう一風呂浴びるか~!!
 
 ちなみに 川湯温泉から斜里町へは車で約50分、網走市までは約60分です。この時期、流氷が来ているので流氷が見たい方は 私が制作しました流氷ビューポイント参考に 流氷観光されてみてはいかがですか?
宿泊予約、宿泊プラン
川湯温泉 宿泊施設
ホテル川湯パーク
ホテル川湯パーク
川湯第一ホテル忍冬
川湯第一ホテル忍冬
温泉浪漫の宿湯の閣
温泉浪漫の宿湯の閣
KKR川湯
KKR川湯
お宿欣喜湯
お宿欣喜湯
川湯観光ホテル
川湯観光ホテル
名湯の森ホテル
名湯の森ホテル
きたふくろう
御園ホテル
御園ホテル
(C) Copyright 2000-2017 kawayu.net .All rights reserved.
制作、著作、運営管理 道東川湯温泉